2013年05月24日

汗かきと多汗症の違いを知って、汗改善する。





脇汗女性加工済み画像.jpg






あなたは、

「私は、すごい汗かきだけれども、

このままで大丈夫かしら?病気ではないのかしら?」

とか考えていませんか?

「これは、ただの汗かきではなくて、多汗症ではないのか?」

とか、心配していませんか?


あなたは、そんな自分の汗改善を、したいですよね?


そもそも、汗かきと多汗症とは、どう違うのでしょうか?


汗かきというのは、体型や体質によっては全身に汗を、

多くかきやすい状態となっていることです。

病気ではありません。


これに対して、多汗症は、体のある局部だけに、

大量の汗が出てくる状態をいいます。


主に手のひら、足の裏、脇の下、などと言った局部に、

大量の発汗が出てくる病気です。


しかし、自分で汗かきと多汗症を違いを、

はっきり見極めるのは、難しいです。




修正済みウォーキング女性画像.jpg






元気な子供は、新陳代謝が活発なため汗かきです。

肥満の人は、皮下脂肪が厚いため体内の熱が、

体の外に出にくい体質です。


そして体温調節の為、大量の汗をかく必要があり、汗かきになります。

普段、運動をする習慣のある人は、汗腺が敏感なので、

体温が上がるだけで汗をかきやすい体になっていると言います。


汗をかくような状況下に置かれてないのに、

汗をかいてしまうのが多汗症。



例えば、涼しい部屋で一人でリラックスしている状況でも、

脇汗をかいていたりするのが、多汗症です。


それでは、多汗症の原因は何なのでしょうか?


様々な原因がありますが、

例えば、自律神経の乱れによるもの。

リラックスしている時、普通は、

副交感神経が優位にならなければならないのに、

ストレス等で交感神経が優位になりっぱなしになり、

異常に汗が出たりします。


内臓に問題があって多汗症になる場合もあります。


それぞれの多汗症の原因にあった対策をとらなければ、

まったく意味がありません。


多汗症の原因別の対策を行う、とっておきの方法があります。


興味のある方は以下のリンクをクリック

>>>久保田式多汗症改善7日プログラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。